おかかとこんぶ

社会人も長岡生活も1年生。変化し続ける私をとりあえずはことばで残す。そのうちにはことば以外でも残したい。

「として」が苦手。

こんばんは。新潟県はすごい雨です、ここ2,3日ほど。

土砂崩れなどの警報が出てます。うー。

私の住んでるところは街中なのであんまり被害はありませんが、

大雨の中の運転って怖いですね…私にとってはそれが一番でした。

 

さてー。なんだかもやもやな今日。思うがままに書いてみます。

 

前々から思っていたんですが私、「〇〇として」が苦手なんです。

 

「〇〇として」っていうのは、役割とか立場とかを意識してふるまったり行動したりすること、だと思っているんですが、、それに抵抗があるのです。

(面倒くさい性格ですね。)

 

いや、話を分かりやすく整理したりするときに使うのは別ですよ。

ただ自分のその場その場の直感や「やりたい」を押し殺して「作る」のが辛いのかもしれないです。

 

私は〇〇な立場だから、〇〇な役割だからって。

 

でも立場とか役割とか肩書きにくくられた行動って、結局既存のものをたどっているだけになっている気がして。

 

その「既存」は過去の人が開拓して成功した何かなのだとは思うのだけど、だからといってそれ以外のことをしてはいけないわけじゃない。

 

組織の「イメージづくり」もそうだなあ。

イメージを言葉にして作っている時点で、それは既存の範囲でしか考えられていないし、その時その時の個人個人の意思や直感を生かす足かせになるかもしれない。

 

(プロジェクトベースではいいかもしれないけど)

 

だいたい魅力的で小さくても続いてる活動って、最初に持たれたイメージを壊してる活動だと思う。

 

結局、創造の幅を狭めてしまうものが嫌なだけですね。笑

 

ああもうつくづく最近は、私は創造・表現することと創造や表現をしてなかった人がそれらをしはじめることに興味があるんだなあと思う。

f:id:rippesan88:20170704205405j:plain