おかかとこんぶ

社会人も長岡生活も1年生。変化し続ける私をとりあえずはことばで残す。そのうちにはことば以外でも残したい。

人の数だけ関係性に名前があっていい

こんにちは。昨日24歳を迎えましたー。

とってもしあわせな誕生日でした。むふふ。


昨日だっけな、たしか。


大好きな友達が、「姉妹で」ブログを始めてました。


私はその子から1,2ヶ月前に今度姉妹でブログをやると聞いて、わくわく待ってたのだけど、

こちらの記事を読んで、やっぱりすてき!と思い、そしてそれをきっかけに前から思ってたことを思い出しました。


http://sorahibi.seesaa.net/s/article/450111177.html


この姉妹の二人の関係を、簡単でわかりやすい言葉じゃないけれど、丁寧に本当の言葉で書いている記事。


タイトルが「言いあらわすって難しい」なんですが、ほんとに、人の関係ってそれでいいと思ったんです。


世の中の一般的な「人の関係」をあらわす肩書きは、

「姉妹」「親子」「師弟」「恋人」「夫婦」「同期」とかあまりにも種類が少ないけれど、


本当は、人の関係の種類は人の数だけあっていい。


というか、そう思うとどんな人との関係も面白く思えてきます。


恋人だから、恋人じゃないから、

親友だから、親友じゃないから、


そこで思考を止めてしまうのではなくて、今まだ名前のない関係が「その人と私」の間にあるって考えたら、

「こうすべき」なんて他人に言われるようなこともない。


だって、「その人と私」の関係は、私の人生にとって初めて生まれた関係なのは間違いないはず。


だったら、その人とのコミュニケーションの取り方に正解も不正解もない。


まだ私も知らない関係がこれから生まれていくかもしれないわくわくとともに、

自分と相手が心地よいコミュニケーションをとっていけばいい。


今だって、

「親子でもない」お父さんと同じくらいの年のお米屋さんとたまに夜ごはんを食べたり

「家族でもない」人たちと一緒に住んだりしているわけで。


いろんな人とのいろんな関係が、私の人生を豊かにしているのは間違いない。



心地よいだけじゃなくて、

私をびっくりさせてきたり

ざわざわさせてきたりする人もいるけど


そういう時は

「おっ、この人とはどんな関係が生まれるんだろう」

って思うとちょっと大丈夫。


たくさんの豊かな関係が生まれる人生にしよう。