読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかかとこんぶ

東京と新潟を行ったり来たり。読んで、食べて、話して生きる日々と考えたこと。23歳。

19歳に届けたい

2016年6月9日のブログ*

 

2016年6月8日。コメタクの挑戦が始まりました。

飯塚商店改装のためのクラウドファンディング。

私なりにこの挑戦について感じることを書こうと思います。

私は今、内野に住んでいません。

内野には好きな人がいて、好きな場所があって、好きな食があって、ああ、豊かな暮らしだったなあ、また住みたいなあと思うのですが。

それはあくまで、私にとって。内野で暮らしたことのない多くの人にとって、「内野」の町自体が、そういう存在になることは無理があると思います。

でもいいのです。だって、それぞれが暮らしている町で「好き」と「隙」を増やしながら豊かに暮らすことはできるし、むしろそうなってほしいのです。

じゃあなんで、「内野」の「飯塚商店」を改装するのか?

それは、19歳のためです。(もしくは19歳マインドを持った人かなあ)

19歳が内野の飯塚商店に出会ってほしいのです。

自分の19歳を思い出してみてください。

人それぞれだとは思いますが、それまでと比べて自由になり、その分自分で決めて進むことも多くなる時期でしょう。

私は世界がぐんと広がってそれに感動すると同時に、「がんばらなきゃ」という切迫感みたいなものも感じていたのも覚えています。

生活も授業もサークルもバイトも進路も、そのひとつひとつの選択が「正解」なのか不安でした。

でもその正解とは、「一人で生きていけるようにしていくための正解」だったような気がします。

そんな風に正解を追い求める中で、忘れていたことがあったんじゃないか。

日々の大切さ。「丁寧に暮らす」ことが生む感性の豊かさ。

好きな誰かや好きな何かが暮らしの中にあるって、こんなに幸せなんだ。

偶然、飯塚商店に出会うことで、19歳にそんな気づきが与えられたら。

そこから19歳の暮らしがちょっとずつ変わっていったなら。

その先は具体的にはわからないけれど、その瞬間を作り出すことに大きな価値を感じます。

内野の飯塚商店は、電車のアクセスもよく、新潟大学も近くにあります。

なぜか若い人がどんどん集まってくる「ツルハシブックス」も近くにあります。

改装された飯塚商店の場の力と、コメタクの力が加わったらきっと、

19歳に大きな価値を届けられると思うのです。

 

19歳を経験したことのあるすべての皆さんに。

次世代に、19歳に、暮らしの大切さを伝える飯塚商店を届けませんか?

応援よろしくお願いいたします。https://faavo.jp/niigata/project/1381