読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかかとこんぶ

社会人も新潟県民も1年生。シェアハウスに住みつつ、地域から遠い人と近い人をつなげるしごとをしています。暮らしやしごとのこと、気合いと脱力でかく。

さくらちゃんのこと

2016年5月6日のブログ*

 

さくらちゃんと、さくらちゃんの周りにいる人に向けて書きます。

みんなも知っている、コメタクの「たくらみ」たんとうさくらちゃん。

いろんな人にとって欠かせない「ツルハシブックス」もたぶん一番背負っている、さくらちゃん。

今のじきは

たぶん、去年一年間、コメタクとツルハシブックスでたくさん動いて土台ができて、目の前にあるやりたいことが一番はっきりくっきり見えてきて、さぁこれから始まるぞ!という時期なのではないかなと思います。

そんなさくらちゃんが、明日も頑張ろうと思えるように、

さくらちゃんがやりたいことがぐいっとためらいなく前に進めるように

そしてあまり自分のことは話さないかもしれないさくらちゃんのことをみんなが少しだけ知れるように

ブログを書きます。 あくまで、勝手に。

ごめんねさくらちゃん。勝手な私のブログです。

 

まぁ、こんなこと書かなくてもさくらちゃんはきっとためらうことなく、まっすぐに進んでいくのだけど。。

 

遠く離れた宮崎からやってきたさくらちゃん。 やっぱり距離って大きいと思うのです。すぐに帰れる距離であるかどうか。

特に宮崎や鹿児島に大切な人たちがたくさんいるさくらちゃんにとって、新潟生活1年目では寂しい気持ちになるときもあったと思います。

でも宮崎や鹿児島の人たちからのさくらちゃんの人望の厚さは

、一緒に住んでいるとひしひしと感じられました。

時々届く贈り物には、さくらちゃんへの愛と応援が詰まってましたから。

あとはしょっちゅう電話で会議をしたり相談をしたり、何よりさくらちゃんの誕生日サプライズをした時の九州陣の協力体制がすごくて笑、すごいなぁ、さくらちゃんは愛されているのだなぁ、と思っていました。

でもわかります。私だって今わかる。 東京に帰って来た今だからこそわかる。

さくらちゃんは遠くにいても、すごく大きい存在で、思わず贈り物も電話もしたくなっちゃいます。

なんか思い出すんだよね、さくらちゃんの言葉や振る舞いって。

 

この一年間の新潟生活がない人生なんて考えられなくて、

新潟で得たものを抜けば私の中の大切なものが入ってる箱が半分以上空っぽになっちゃうくらい、

やってみて「学ん」で、大切なものが増え続けた日々だったなあ、と私は振り返ったりするのですが、

その「学び」を一番くれたのはさくらちゃんなのです。

やってみたことや見た景色が「学び」になるには、「気づき」が必要です。 その「気づき」を私はさくらちゃんから数え切れないほどもらいました。

 

すごいよ、さくらちゃん。私の人生に影響を与え過ぎてます。笑

たぶん、私だけじゃないね。 あいりちゃんも、飯塚さんも、大口さんも、こうせいくんやかずきくんも、ツルハシの人たちも、町の人も、西田さんも

さくらちゃんが大切にしたい人たちはみんな、さくらちゃんからいっぱい気づきをもらって、だからこそさくらちゃんのことも大切にしたいと思ってます。

 

やりたいことと大切なものを考えて見つけて、いったん見つけると、

その思い描ける限りの最高地点まで手を抜かずにやりきるのがさくらちゃんだなぁ、とよく思っていました。イベントもそう。商品づくりもそう。本気でやりたいことにはたぶん全部そう。

だから、なんというかさくらちゃんの周りの人は、

いつもじぶんよりさくらちゃんの方が1歩2歩前へ進んでいるような気がしてしまっていて、

劣等感を抱いたりちょっと辛かったりすることが一度はあるのかもしれません。

さくらちゃんは周りをそうさせてしまうこと、でもさくらちゃんの行動自体が悪いわけじゃないからどうしたらいいか分からなくて悩んでいた時もあったみたいだけど、

変わらないでそのままでいるのも、 ちょっと変えてみるのも、 さくらちゃんがしたいと思ったらすればいいと思うなあ。

さくらちゃんは「寄り添い人」だと思ってます。本人も言っていたかな。

自分がすべてやって引っ張るよりも、誰かに寄り添ってその人のペースや「したい」を大事にしながら一緒に何かを作っていく。

だからさくらちゃんはさくらちゃん自身にも寄り添ってほしいです。

自分を変えるべきか変えないべきか迷った時や、周りに辛いことを言われた時には、

自分の心の奥の「したい」を大事にして進んでもらいたいです。

周りは周りで、 きっとすごく大切で、でもさくらちゃんが気づかなかったりやりきれない部分をやれるんだと思う。

それをやれた時さくらちゃんと一緒にやるプロジェクトはたぶん最強で、すごくおっきい価値を生むと思う。

 

そんな価値あるもの、私たちのお客にとって本当に価値のあるものを、さくらちゃんと一緒に生み出したい。これ、私の夢です。

 

さくらちゃん自身も、さくらちゃんが作るものも、涙が出そうになるくらい優しくて、

本当に目の前の人のためになることを言葉や行動にしてくれるから、

たぶんさくらちゃんに救われた人は本当にたくさんいます。私も数え切れないほど救われました。

陰でたくさんたくさん動いてくれるから、気づかないところでさくらちゃんの作ってるものがめっちゃ影響してる。

 

そんなさくらちゃんに返せるものは、 心配するとか、休んでとか無理しないでって言うことじゃなくて、

さくらちゃんが大好きな笑って楽しい時間を存分に楽しくしたり

さくらちゃんから受け取ったものを実践してみたり することなんだよね。たぶん。

 

だから私も目の前の人やものに向かって頑張ります。

さくらちゃんからもらった大切なことを言葉や振る舞いで周りの人にわたして、その幸せをおすそ分けしたいです。 これも、私の小さな夢。

 

こんだけ一人の人について書けるって冷静に気持ち悪いですが笑、まぁ、もう気持ち悪いキャラなので開き直ります。

とりあえず私は、さくらちゃんの作るものと、描くことと、言葉と、考え方と、さくらちゃんとふざけてる時間と、さくらちゃん自身が大好きなので、 それだけはたぶん揺らがないので、 なんかまぁ、それだけでもいいかな。

 

前に、さくらちゃんが私のことをブログで書いてくれてから、たまたまですがちょうど2ヶ月。

あれから、またいろんなことがありました。

さくらちゃんを苦しくさせてしまったこともありました。本当にごめん。

でもさくらちゃんはどんな時も私の「そういう時期」が過ぎるのを待っててくれました。

なんて素晴らしい人なんだろうか

 私の子どもさは、おたんこなすレベルだったね。

 

 

さくらちゃん、 本当にありがとう。大好きです。

これからもよろしくね。

(ゆき)

とてもちゅうしょうてきでごめんなさい。(なぜかへんかんできなくなった)

途中さくらちゃんが天国行ったみたいになった笑

今度はあいりちゃんにかく*